サイトへ戻る

心の断捨離・身体の断捨離

WITHコロナの時代に必要なもの

 緊急事態宣言解除し、東京都は今日ステップ2に進み、学校や営業できる業種も広がり

社会復帰、家族以外の人と出会う久しぶりの機会になった方も多いのではないでしょうか?

私も今日は遠い空間が一瞬に笑顔で縮まるそんな嬉しさを感じる新鮮さ、ときめきが湧き上がってきました。人と繋がる安定感、安心感、改めて素敵ですね。

 

 今回、ステイホームという経験のない長い自粛を自主的にがんばった私たち。

一方であたりまえや本当の必要なものやことを考える機会にもなりました。

 

 これは不要不急なのか?オフィスに行かなくては出来ない仕事なのか?働き方や医療の在り方、教育の在り方はこのままでいいのか?

 

 自分自身で考え、判断し、行動に移していく。

それが私たちには出来るんだ!出来たんだということ!!が

本当に素晴らしいことですし、今回の大きな成果ではないかとも思ったりもします。

そしてこれはこれからも続けていくことが大切。一過性ではなく、継続的に見直しながら

相互支援できるみんなが心地よい新しい形を見つける旅を楽しむ気分で、それぞれ静かに奮い立って未来につながるもの、つなげたい形を見つけていく。

 

 ルーティンにはまっていると、その流れの中で考えずに当たり前にしてしまう。

そこをひとつひとつ考えることの出来た貴重な機会。

もちろん医療や経済、ライフラインを必死で支えてくださったり、病気と闘った患者さんやご家族の方の頑張りやご配慮があってのことです。価値観が変わったという声も多く耳にしました。

 

 その中でそれぞれの心の断捨離も出来たかもしれません。知らないうちに積み重なっていた無駄に気づいたり、自分の根本をシンプルにしていくことが自分を生きやすく幸せにしたり。そのことが優しさや感謝を生み、人と人が支えあって思いあうことの出来る社会につながっていくと信じたいと思います。

 

 一方、身体の断捨離はまずは自分の身体を感じることから始まります。

今の自分の状態を自分で気づき今必要な対策を自らしていく。

筋肉や内臓の機能改善、自律神経のコントロール、毎日の食事や生活習慣の見直し、そしてファスティング(食べない時間)もまさに、身体の断捨離。

WITHコロナの時代にも有効な、自分で予防し治療していく、西洋医学の父ヒポクラテスが「身体の中の百人の名医を目覚めさせる」といったほど自然治癒力向上に貢献してくれます。

 

 心も身体も軽くなり、免疫がしっかり機能して、自分を自分で高めることの出来る環境は自分で作ることが出来る。誰かに安易に委ねてしまうのではなく、まずは自分でやってみる、そして自分に必要なものだけのシンプルな形にしていく心と身体の断捨離。困ったときはいろんな人の力を借りながらも、基本は自分で安心をつくり安全を作り上げていくこと。重荷を一つ一つおろしていくようなセルフケアの方法をたくさん知っていることはこれからの新しい時代に必要なことではないでしょうか。

 

 今日打ち上げられた花火のように、みんなで空を見上げ笑顔に元気になれる機会がたくさん増え、明るい未来が築かれていくことを願っています。新しい可能性の時代へ!!

 

 

 

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK