サイトへ戻る

元気が湧きだす パワーの源

~ 基礎体力・精神力・やる氣・好奇心・集中力 ~

東洋医学では、すべてのものは

自然界の「木・火・土・金・水」の

5つの基本元素を人体や症状、五感、

日常生活や生活活動などにあてはめて、

理論的な根拠をしめしています。

自然界はとても豊かで、すべてを内包しています。

そんな内包する力は、生きるパワーの源。

元気に動ける身体のために高めたい力5つ、

基礎体力・精神力・やる氣・好奇心・集中力

それぞれ対応する臓器や体の部位や器官、感情、動作、

そして季節やエネルギーの流れなどと関係をもっていて

それを知ることで、補助しあうことが出来ます。

今日は、もう一押しこのパワーが欲しい!と

いうときに摂りたい食材と生活アプローチに目を向け

東洋医学の智恵と活用法をご紹介したいと思います。

 

●基礎体力 

生命エネルギーの発電所で生命力のベース

(水・腎臓、生殖器・耳、冬・黒・恐れ・塩辛さ)

 

☆彡摂りたい食材

  土の中に実り硬いもの

(大根、にんじん、かぶ、ごぼうなど)

ほうれん草

わかめ、昆布などの海藻類

  鮭・海老・牡蠣・たら・豚肉

蕎麦、ゴマ

  レーズン、ブルーベリー、

 

☆彡生活面

  冷えの予防(特にお腹やお尻、首まわり)

  朝食をしっかりとる

  玄関や水回りをきれいにする

  背面(背中・お尻)に刺激をいれるトレーニング

  

 

●精神力

エネルギーをコントロールし、様々な循環の調整役

(金・肺、呼吸器・鼻・秋・白・悲しみ、孤独感・辛味)

 

☆彡摂りたい食材

 ほくほくしてでんぷん質が多いもの

(さつまいも、かぼちゃ、さといも、栗など)

白菜、レンコン、玉ねぎ、もやし

 リンゴ・梨・桃・はちみつ

ジャスミン茶

香辛料をつかった料理、わさび

 

☆彡生活面

 太陽を浴びる

 睡眠をしっかりとる

 意識して深呼吸や腹式呼吸をする

一人時間を大事にする

 

●やる氣

外からの刺激を受けて、進み続ける意志の力

(土・消化器系・唇・梅雨・黄・心配悩み・甘味)

 

☆彡摂りたい食材

ショウガ・ネギ・ニンニク

カリフラワー、パプリカ・レモン

  大根やイモ類など土の中で育つもの

  麦茶やはと麦茶

  豆類・牛肉

  いちじく・はちみつ・穀類

 

☆彡生活面

  適度な有酸素運動

  お腹の横側、くびれをつくる腹筋運動

  クーラーや暖房をうまく使って湿度温度調整

 

 

●好奇心 

温熱作用から熱を生む作用を発揮

(火・心・舌・血液、血圧、脈・夏・赤・喜びすぎ・苦味)

 

☆彡摂りたい食材

 ぶら下がっていて水分の多いもの

(トマト・きゅうり・ピーマン・ゴーヤ、なすなど)

 うなぎ・いか・くらげ・カツオ・マグロ

 スイカ・シナモン

 コーヒー・緑茶

 

☆彡生活面

 毛細血管を刺激するような手足ぶらぶら運動、ジャンプ

前後に足を開いて腕ふり運動

 森林浴や自然散策

お昼寝

 

●集中力 

血を貯蔵し、全身のエネルギーのはたらき促進する作用

(木・肝・目・筋肉、神経・春・青・緑・怒り・酸っぱさ)

 

☆彡摂りたい食材

 土の上に伸びていく野菜

(山菜、アスパラガス、キャベツ、たけのこ)

 キノコ類

 あさり・はまぐり・ホタテ貝などの貝類

 鶏肉

 酢の物

 グレープフルーツやキウイ、いちご、梅

 

☆彡生活面

  口角を上げて元気に挨拶する

  週2~3回の短時間筋トレ

  唾液腺マッサージとゆっくり食事だけに集中する

 

パワー全般に共通することとしては

身体を整える基本である

旬の野菜や果物、そして丸ごと全部を

食べられる玄米や海藻、お魚、

ゴマやナッツ類、シイタケ類などの

穀菜食よく噛んでゆっくり食べること、

生活リズムを持ち、ゆったり睡眠

リラックス・リフレッシュできる

環境を意識的に作ることは大切です。

 

さらに効果を高めたい方は、

身体の機能が発揮しやすくなる

外側からのからだコンディショニング

臓器を休ませその後の栄養吸収力アップや

滞った老廃物をデトックスできる

内側からのファスティングはおすすめ!

 

まずは、この力が足りないなと感じる時に

それぞれの食材や生活アプローチを

活用してみてくださいね。

 

湧きあがるパワーをみなぎらせ

喜びと希望溢れる明るい未来を

自ら切り開いていきましょう!(^^)!

 

 

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK